解説!顔の美容整骨(整体)の施術ポイント

ブログ

今回は、当院で行っている顔の美容整骨(整体)“Reborn(リボーン)”について、解説します。

主に、どんな部分をケアするのか、どんな目的でケアするのかについて述べていきたいと思います。

“Reborn(リボーン)”の施術ポイント

Reborn(リボーン)は、顔面部・頭蓋部の筋・筋膜、骨を幅広く施術します。

今回はそのうちのいくつかの主要ポイントについて解説していきます。

①側頭部

側頭部では主に側頭筋をケアしていきます。

側頭筋の機能低下は、頭痛の要因となったり、かみ合わせに影響したりします。

また、美容面では顔のリフトアップに関連するため、この部分の機能低下は、顔のパーツ全体のたるみにつながります。

②頬骨周囲

青い部分が頬骨

頬骨は顔のでっぱり感に影響を与える部分です。いわゆる「小顔矯正」でも重要な施術ポイントとされていることが多い部分です。

頬骨は、「縫合」と呼ばれるギザギザ状の連結で他の4つの骨とつながっています。そのためむやみに押し込むと、他の骨のゆがみを生じることがあります。

当院では、表面から触れることのできる3つの縫合に刺激を入れ、その後じんわり軽く頬骨を調整していきます。

また、頬骨周囲にある筋肉にも刺激を入れていきます。

③口の周囲

口の周囲は、口輪筋・笑筋、上顎骨を対象に施術します。

いずれも口元のゆがみに関連します。

また、上顎骨は歯槽骨の部分をケアします。この部分は、歯並びやかみ合わせにも影響を与えます。

④あごの周囲

あごの周囲ではオトガイ筋や広頚筋、下顎骨をケアします。

オトガイ筋はあごの先方のラインに関連します。

広頚筋は二重あごや首のしわに関連します。

下顎骨は誰でも多かれ少なかれ、前後に波打つように捻じれています。施術ではこれを正す方向へ刺激を入れていきます。

捻じれが即座に変化する訳ではありませんが、正しい方向へ刺激を入れることが大切だと考えています。

⑤眉間・額

ここでは、皺眉筋・前頭筋、前頭骨をケアします。

皺眉筋の機能低下は眼精疲労に関連するほか、眉間の皺の原因となります。

前頭筋は額の皺の原因となります。

前頭筋は筋膜を通じてカラダの背面に影響があり、首や背中のこりやハリに関連があります。

⑥目の周囲

目の周囲では、眼輪筋をケアします。

眼輪筋の機能低下は眼精疲労に関連するほか、目じりのたれ、まぶたのはれ、目の下のくまの原因となります。

⑦鼻の横

鼻の横では、大頬骨筋・小頬骨筋、上顎骨をケアします。

大頬骨筋・小頬骨筋の機能低下は、ほうれい線の原因となります。

上顎骨のゆがみは鼻炎・鼻づまりなど鼻のトラブルに関連します。

⑧エラの部分

ここでは咬筋をケアします。

咬筋の機能低下は、かみ合わせや顎関節症など、かみ合わせやに影響を与えることがあります。

また、美容面では「エラ」の張りの原因となります。

まとめ

ここまで述べてきたように、顔の美容整骨(整体)“Reborn(リボーン)”は、顔のたるみ・ゆがみ・でっぱり、これらの原因となる筋肉の機能低下・骨のゆがみをケアする施術です。ご興味のある方はぜひ一度お試しください。

なお、料金等の詳細については下記リンクをご覧ください。

≫Reborn(リボーン)の概要